健康サプリ「ブロリコ」はどんな成分からできているの?

免疫力を高める効果があるという健康サプリメントのブロリコですが、どのような成分でできているのでしょうか?

ブロッコロリーからできたというブロリコ!何ともかわいらしい名前ですね。

アドバイザー

アドバイザー
ブロリコがどんな成分からできているのかについて調べていきたいと思います。

ブロリコの成分は人体に悪影響を与えないのか

ブロリコがどんな成分でできているのか調べてみました。

すると、原材料はブロッコリー抽出物、マルトース、マルトデキストリン、結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム、二酸化ケイ素でした。

 

ブロッコリーは野菜であることは誰しもが知っていることですよね。

 

しかも、栄養価が高い野菜です。緑が濃くてビタミンやカロチンが豊富です。

ブロリコのブロッコリーは、国産ばかりで、長野、北海道、埼玉、愛知、新潟、静岡などでとれたもので収穫から2日以内にブロリコを抽出します。

また水はきれいな富士山の雪解け水を使用しています。

 

アドバイザー

アドバイザー
マルトースとは、麦芽糖のこと、結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム、二酸化ケイ素は抽出した液体を錠剤にするときにくっつかないようにするためのものです。

これらは薬や他の会社のサプリメントでも作るときに使っているもので、人体に悪影響を与えるといったことはないということでした。

 

ブロリコのこの成分がすごいという点

ブロリコはブロッコリーから抽出した成分で、特許も取ったすごい成分です。

ブロリコは、ブロッコリーにほんの少しわずかしか含まれていない成分で、NK細胞という細胞を活性化するというのです。

NK細胞とは、ナチュラルキラー細胞といわれ、もともと人体に備わっているものです。

このNK細胞は、体内にウイルスやばい菌が侵入したり、悪い細胞ができたりすると、すぐにこれらを攻撃し殺してくれるのです。

でもNK細胞は15歳から20歳くらいがピークで、加齢とともに機能が低下していくのです。

45歳くらいでは3分の1くらいになってしまうそうです。

 

このNK細胞を活性化させる成分が、ブロリコです。

 

こんなに優れたNK細胞を活性化させるのですから、ブロリコはすごい成分だといえますね。

すごい成分なので、ブロリコの抽出方法もブロリコ自体も日本、アメリカ、EUで特許をとっているのです。

 

↓ブロリコの公式サイトはこちら↓

ブロリコ

関連記事

ブロリコはアトピーにも効果が期待できる?

ブロリコ

健康サプリ・ブロリコを飲むとどんな効能があるの?

健康サプリ「ブロリコ」の安全性を徹底調査!

ブロリコを効果的にする用量は?いつ飲むのがいい?

スリフォラファン

ブロリコとスリフォラファンの違いって何??

「ブロリコ」が自己免疫力を高めるメカニズムとは?