ブロリコは糖尿病の改善にも効果あり!?

ブロリコは、ブロッコリーから抽出した成分で、免疫力を高める効果が期待されているサプリメントとして注目されています。

アドバイザー

アドバイザー
細胞を活性化させるということなのですが、糖尿病には効果はあるのでしょうか?
調べていきたいと思います。

ブロリコは糖尿病にも作用するのか

糖尿病とはどんな病気なのでしょうか?

調べてみると、インスリン作用の不足により、慢性の高血糖になる病気です。

1型糖尿病Ⅱ型糖尿病というのがありますが、98%がⅡ型糖尿病です。

Ⅱ型糖尿病は、40歳以降に起こりやすいそうで、遺伝性が高いそうです。

日本では患者さんが急激に増えているそうで、50歳以上の人の約10%がⅡ型糖尿病なのだそうです。

これは高い数値ですね。

妊娠中にホルモンなどの影響で妊娠糖尿病になることもあります。

糖尿病の症状としては、口の乾き、多尿、多食、多飲、体重減少、体力の低下、疲労などで、尿の中に多くの糖が出されます。

 

アドバイザー

アドバイザー
最終的には、こん睡状態になるという怖い病気です。

 

ブロリコを飲んで、糖尿病がよくなったという方もいます。

ヘモグロビンA1Cが高かった人が、主治医の先生が驚くほど下がったというのです。

血糖値も下がって落ち着いたとのことでした。

その他の方でも、血糖値が157だった方が130くらいに下がったという人もいました。

ですからブロリコは糖尿病にも作用するということです。

ブロリコが糖尿病に作用するまでの期間

 

ブロリコ

 

ブロリコは、食品であって、薬ではないので即効性はありません。

しかも、糖尿病は大変難しい病気です。すぐに作用することとは難しいかもしれません。

しかし、2~3か月続けて飲むことで改善が期待できます。

糖尿病に効果があった体験者の方も、2~3か月飲み続けて効果が出たとのことです。

個人差もあって、早い人では、飲み始めて3日で体温が上昇したと感じ、冷え性が改善したという人もいます。

また1週間で効果を感じたという人もいれば、半年効果が無かったという人もいます。

 

アドバイザー

アドバイザー
1年飲み続けてやっと効果を感じ始めたという人も中にはいます。

焦らず信じて飲み続けることがいいと思います。

 

糖尿病は難しい病気なので、主治医の先生にも相談されるのがいいと思います。

 

↓ブロリコの公式サイトはこちら↓

ブロリコ

関連記事

「ブロリコ」が自己免疫力を高めるメカニズムとは?

妊婦

ブロリコは妊娠中に飲んでも安全?

ブロリコ

健康サプリ・ブロリコを飲むとどんな効能があるの?

ブロリコを安心安全に飲むための摂取方法とは?

免疫力を高める「ブロリコ」の注文方法は?

腎臓

【免疫力を向上】ブロリコは腎臓にも作用するの?